No.392 島田節子展 2016. 12.03/土 ~ 12.17/土

版画・みつろう画・水彩画・油彩画


オニグルミの林を抜け、みかん園のある岡にゆっくりと登る。

遠くには、父につれられてよく行ったムカバキ山の頂上の岩肌が、秋の陽射に光っている。

随分、時は経ったが、その美しい風景は今も変らず優しく迎へてくれる。

なぜか。そのような何もかもを包み込んでくれる場所に身を置くと、描く原点にもどる事が出来るように思える。

      (島田節子)  



「NIWA 幻日 (音) 」 50x65.5cm リトグラフ

■写真・内容の無断転載を禁じます。

Copyright 2019. All rights reserved.

Gallery A・C・S

ようこそアートの森 ギャラリーA・C・Sへ 山に木を植える男の話があります。コンクリートの白い街に、月に1本づつ木を植えるように、 心のオアシスになるすばらしい作品の展覧会を開いていきたいと願っています。ぜひお運びください。