No.375 関野敦 展 2015. 9.5/土 ~ 19/土

" acrylic, pencil, copper plate, oil paint, Life "

○プロフィール

 愛知県立芸術大学油絵科卒業

 サードスタジオ(河合塾美術研究所 銅版画科所属)’84年

 版画工房「もく」所属 ~’96

 以降は、アクリル絵の具なども使って平面作品を中心に制作。

○作品の特徴

 ニードルなどによる描画の行為が、金属板に痕跡として残されていく銅版画(エッチング)制作の経験が、現在も制作に影響を与えている。

 最近は、銅版画からは距離を置いて、ペインティングやドローイングの制作が多くなっている。

 対象を平面に描き、再現しようとするのではなく、身体的な行為を重ねていくという制作への姿勢を大切にしている。制作には、筆や鉛筆から指先まで使って、表現している。

○展覧会のテーマ

“acrylic, pencil, copper plate, oil paint ,Life”

 作品の素材と自分の生活・身体をも含めて作品にすること。作品に一回性の痕跡、再び現れることのない痕跡を残していきたい。  


「木立から望む」 102×116cm アクリル絵具

「川への扉」 102×116cm アクリル絵具、油絵具

「Where are we now?」 47×36cm  アクリル絵具、コラージュ 他

「三角山に降る雨」 24×38cm  アクリル絵具、コラージュ 他

「風景1」  45×28cm アクリル絵具、コラージュ 他

「in the sky」  30×15cm 銅版画 Ed.20

■写真・内容の無断転載を禁じます。

Copyright 2019. All rights reserved.

Gallery A・C・S

ようこそアートの森 ギャラリーA・C・Sへ 山に木を植える男の話があります。コンクリートの白い街に、月に1本づつ木を植えるように、 心のオアシスになるすばらしい作品の展覧会を開いていきたいと願っています。ぜひお運びください。