No.370 後藤泰洋展 2015. 4.24/金 ・25/土・26/日

GOTO Taiyo   -ドローイング -


後藤泰洋さんは1930年生まれです。

 「無名の新人」・「生涯現役」を心情に、アーチストをめざす若者たちをライバルと位置づけ 「一日一作」を実行されています。

 後藤さんの感性の一端が日常の言葉のひとことひとことに表れています。

 「(略) ロウバイ、クロッカスに続いてウメが1輪、また1輪そしてまた1輪と咲いてます。ウメには気品があり好きです。サクラはサミシイ花です。散るところは やまと心です。モモは はなやかでアンズは サクラとモモとウメを一緒にした感じです。

 スミレはおくゆかしくタンポポは明るくレンゲはかわいい、サンシュウヒュウガミズキ、トサミズキ、アメリカミズキと 咲きます。..........(略)」(2月末に受け取ったはがきから)

 その後藤さんの「今・作品と人」展を 3日間だけ行います。自然体の後藤さんにぜひ会いにおいでください。


◇時間帯が異なりますのでご注意ください。

24(金)、25(土)、26(日)   午後1時 ~5時まで

◆会期中は11時からオープンしていますが 作家は午後1時から在廊です。

また26日終了後も、28日(火)、29日(水)、30(木)の3日間は展示しています。


1406 713  オウバイ8  715×625cm 

■写真・内容の無断転載を禁じます。

Copyright 2019. All rights reserved.

Gallery A・C・S

ようこそアートの森 ギャラリーA・C・Sへ 山に木を植える男の話があります。コンクリートの白い街に、月に1本づつ木を植えるように、 心のオアシスになるすばらしい作品の展覧会を開いていきたいと願っています。ぜひお運びください。