No.455 市橋安治展 没後2年・生誕73年 '90年代~2000年代の表現  「人物像から顔へ」

11:00 - 18:00・最終日:17:00

休:22日(日)のみ <23日(月)はオープンします。>


<outermostNAGOYA サイトへ>





 「2019年6月の急逝から2年2ヶ月が経ちました。夢中で駆け抜けた70年間はオートバイと釣りと絵画が全てでした。

 絵を描く前になると、集中力を高めるためなのかバイクで遠出をしたり  分解したり、スペインから帰国時に持ち帰ったオースチンMINIのエンジンをオーバーホールしたりしていました。

 帰国後の表現が「人物像」から「顔」へと移りました。そんな'90年代〜2000年のころの作品を並べます。その変遷をごらんください。」

                                (市橋文子)



井上昇治さまのHPでのご紹介(outermostNAGOYA)



     

「エプロンおばさん」  紙にペン、水彩絵の具   90 x 51cm  1990


無題  すべて 水性顔料、厚紙   1977 ~ 1999まで



左:無題 (発掘?) 91 x 117cm 油絵の具、キャンバス 1978 ~1994

右:無題  130 x 97cm     油絵の具、キャンバス   1999                 .   




untitled  (発掘?) 91 x 118cm   油絵の具、キャンバス  78~94年  





正面 上:「九つの顔」 銅版画 雁皮刷り 60 x 44.5cm Ed.30

   下:「六つの顔」 銅版画 雁皮刷り 44.5 x 60cm Ed.30

その右隣:「肖像」 油絵の具、キャンバス 72 x 50cm

     中:「肖像」 油絵の具、キャンバス 65 x 45.8cm                      

   右端:「肖像」 油絵の具、キャンバス 65 x 45.8cm

      .       






左: 「肖像」72.5 x 50cm   油絵の具、キャンバス 1994

右上:無題 40 x 40.2cm 水性顔料、厚紙   19??  

右中:無題 40 x 40.2cm 水性顔料、厚紙   19??    

右下:無題 40 x 40.2cm 水性顔料、厚紙   19??     




「untitled triptych 」(1/3)    油絵の具、麻布    91 x 91cm     2000 


「聖骸布」 60.7 x 50.3cm      キャンバスに油絵の具   ??? 

奥左: 「立つ人」(中)       木版画 59.5 x 48cm   1991

奥右:「sueno」(犬)銅版画 29.5 x 60cm   Ed.25   1993



「肖像」 guach     34.5 x 31cm     1990






「Sueno」 (夢)、(犬というタイトルもある)   銅版画 29.5 x 60cm    Ed.25   1993









■写真・内容の無断転載を禁じます。

Copyright 2022. All rights reserved.

Gallery A・C・S

ようこそアートの森 ギャラリーA・C・Sへ 山に木を植える男の話があります。コンクリートの白い街に、月に1本づつ木を植えるように、 心のオアシスになるすばらしい作品の展覧会を開いていきたいと願っています。ぜひお運びください。