No.396 山口雅英展 2017. 4.08/土~4.22/土

銅版画・その他


線は 

対象のカタチをなぞっているかと見えたとしても

対象のどこにも そんなカタチの線はなく 

かと言って 私が予めイメージした線でもなく

線は

対象と 私と ペンと紙

その関係の中 その刹那 生まれたもの 

対象を描写することは 線と”出会う”ための口実

世界は 線を”奏でる”ための”楽譜”

表現って そういうことだと思う

(山口)

「wie aus der ferne l 」

387x565mm  紙版画 多色刷り

「wie aus der ferne '17-XI」

385x198mm  紙版画 多色刷り

■写真・内容の無断転載を禁じます。

Copyright 2019. All rights reserved.

Gallery A・C・S

ようこそアートの森 ギャラリーA・C・Sへ 山に木を植える男の話があります。コンクリートの白い街に、月に1本づつ木を植えるように、 心のオアシスになるすばらしい作品の展覧会を開いていきたいと願っています。ぜひお運びください。