No.425 長谷川哲展 2019.05.11/Sat - 25/Sat.

静止画と動画で一対の作品

「街を歩く。見知らぬ無数の人たちとすれ違う。カメラのファインダーを覗いてシャッターを切る。

とどめられた見知らぬ人はファインダーを通して私と結び合う。ただ選択という行為を通して。私たちのこの世界は可視光域という光と色彩に満ちた世界。しかしこの電磁波の領域はあまりに狭い。そこに一時顕れ、その舞台で役割を演じ、そして退場する。

それを顕れと言えばよいのかあるいは取り残されたと言えばよいのか

   長谷川哲」


*動画へ*

左:
YOU Person who appeared or left behind at Nagoya Japan 2018 #1   81x140cm

右:
YOU Person who appeared or left behind at Nagoya Japan 2018 #2   81x135cm

どちらも映像データ付き


YOU Person who appeared or left behind at Nagoya Japan 2018 #1-b, c, d, e  10x18cm
4点組


YOU Person who appeared or left behind at Nagoya Japan 2017 #2   87x148cm (部分)
映像データ付き


YOU Person who appeared or left behind at Nagoya Japan 2019 #1   82.5x138cm

(映像データなし)

■写真・内容の無断転載を禁じます。

Copyright 2019. All rights reserved.

Gallery A・C・S

ようこそアートの森 ギャラリーA・C・Sへ 山に木を植える男の話があります。コンクリートの白い街に、月に1本づつ木を植えるように、 心のオアシスになるすばらしい作品の展覧会を開いていきたいと願っています。ぜひお運びください。